自然に囲まれた環境で生まれ育ち、

パワフルで伸びやかな歌声と、どこかさらっとした、

時に熱く訴え、切なく語りかける楽曲が特徴である。

 

挑戦と前進が生きがいで、

2018年にはNYのパフォーマーの登竜門であるアポロシアターで

毎週水曜に開催されているアマチュアナイトに出場し、準決勝まで勝ち進む。

 

これまでに、佐々部清監督作品の「東京難民」の挿入歌として

自身の楽曲「空-戻れないあの日に-」が起用される。

 

楽曲提供やイメージソングも手掛けている。

今後広がる世界に注目。